読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大井川通信

大井川あたりの事ども

歯車

日々のこと

急に視界の中心が盲点のように見にくくなり、視野の左側上部でさざなみが立つようにチラチラしだすが、今回はそれが広がらないうちに収まった。

閃輝暗点だろう。芥川龍之介が自殺の年に『歯車』で描いた症状だ。

ただし僕の場合、どちらの目にも同じ形で、歯車は回っている。