読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大井川通信

大井川あたりの事ども

父の遺影

無神論の家風のせいで、帰省しても取ってつけたような仏壇に手を合わせることもしなくなった。

家を出て30年、父が死んで10年。

母と姉が選んだ、とびきりの笑顔の父の写真を見上げて、はじめて自然に言葉がかけられるように思えた。