読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大井川通信

大井川あたりの事ども

岡庭と吉本

岡庭昇

岡庭昇を読み直すときに、吉本隆明の軌跡を参照軸にすることもできるだろう。それぞれの読者からは異論があるだろうが、両者には意外に多くの共通点がある。

一知半解を承知で、その共通点を挙げていく。狙いは、「戦後思想の巨人」に照らして、岡庭昇の仕事の大きさを示すこと。