読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大井川通信

大井川あたりの事ども

詩と詩論

岡庭昇

岡庭と吉本①

吉本隆明は詩人であり、詩についても多く論じている。前の世代の戦争詩を批判したり、70年代には、同時代の詩を「修辞的現在」として総括したりもした。

岡庭昇も、詩人として出発し、2冊の詩集と2冊の詩論を編んでいる。「芸の論理」による60年代詩の批判は、吉本に先んじていた。