大井川通信

大井川あたりの事ども

『木馬は廻る』 江戸川乱歩 1926

読書会で、この作品の入った短編集(創元推理文庫『人でなしの恋』)を読む。

浅草木馬館(メリーゴーランド)の初老のラッパ吹きが主人公。貧しく気苦労の多い家庭生活と、木馬館での仕事に打ち込む自負心。同僚の切符切りの娘への愛情にひと時の慰安を得ている。若い男が娘に渡した恋文で、彼の日常は嫉妬にかき乱されるが、実はそれが刑事に追われたスリがやむなく手放した給料袋だった、という部分だけが推理小説仕立てだ。給料袋の大金を手に入れて逡巡するものの、最後はやけになって、娘らとともに回転木馬に乗り込んでひと騒ぎする。庶民の哀歓が密度濃く描かれていて、他の作品と一線を画している。なお、乱歩は、この作品の5年後に、朔太郎といっしょに浅草の木馬に乗ったそうだ。

短編集では、多くの作品で、主人公がこの世を「退屈」であると感じていて、そこから強い「刺激」を求める、という筋立てになっている。そして自ら求めた「刺激」が、『一人二役』のように格好の娯楽になる場合もあれば、『覆面の舞踏者』のように悲劇におわる場合もある。この時代、探偵小説自体が、「退屈」な読者に、手を変え品を変えて新しい「刺激」を提供するものとして登場したのだろう。

ところで、この「退屈」という感情がベースの時代は、果たして今につながっているのだろうか。ごく近年、ネットへの接続によって「刺激」が常態であり「退屈」がむしろ貴重である時代に大きく変質してしまった気がする。