大井川通信

大井川あたりの事ども

風邪ばかりひく人生

昨年11月中旬から、長く風邪をひいた。おかげで11月後半に予定していた東京行きがかなわず、楽しみにしていたライブにも行けなかった。一か月旅行をずらしたが、その前後も抜けない風邪に苦しめられた。風邪の直前に、オミクロン株用のコロナワクチンを打ったのでその影響かもしれない、と考えてしまう。

年が明けて、歯痛、身体の痒み、痛風とつづき、3月の末になってまた風邪をひいてしまった。寝込むまではなかったが、ずるずると10日ばかり続いて、すっきりしなかった。発熱はほぼないけれど、のどが腫れて、鼻が出て、淡がからまるといういつもの風邪だ。

そしてそのわずか一か月半先に、まったく同じタイプの風邪をひいて、今でも罹患中である。今度は医者に行って三日分の漢方薬をもらったが、パブロンだけを飲んでいる前回と経過はかわらない。今日が10日目だから、最近の経験上、峠を過ぎたことを期待するしかない。

以前、年に一回は大きな風邪をひいていた時期が長かったが、その後あまり風邪にかからない時期もあったように思う。明らかに風邪にかかりやすく、また回復が遅い状況が続いているようだ。免疫力の衰えが要因なのだろうが、それが年齢によるものなのか、不摂生(昨年から自己最高体重を維持している)によるものなのか、はたまたワクチンの副作用なのか、見当がつかない。

 

※3日分の漢方薬が切れても治らなかったので、少し間をおいてまたパブロンに戻った。鼻は早めに収まったが、タンがほぼ出なくなるまで発症から17日もかかった。