大井川通信

大井川あたりの事ども

三浦清一郎先生のこと

昨年末に三浦清一郎先生(1941-2023)が亡くなったことは、後になって風の便りで知った。新聞も止めているし、退職もしたので情報が遮断されがちなのだ。波乱に富んだ人生を送られたと聞いていたが、僕が知っているのは、晩年社会教育の独立の研究者であり実践家として地道な活動をされていた姿だ。同じ市に住んでもいた。

定期的に開催していた研究大会などでは、歯切れのいい口調で、普遍的な視野から新しい論点をわかりやすく打ち出して、地元にファンも多く人気も高かった。その内容を毎年のように著作にまとめて出版を続けていたが、全国的にはそこまでの影響力はもっていなかったと思う。

自身の高齢化に対抗する手段をいろいろ工夫して発表されていたが、詩の暗記と朗唱もその一つだった。達治とか光太郎とか好きな詩人が僕と重なっていたので、朔太郎の「墓」という詩を紹介して、コピーを渡したことがある。気に入ってくれて、これを暗記しましょうと言っていただいた。

僕は、大学時代、地域の社会教育活動で、学芸大に出入りしたことがある。地元の公民館の社会教育主事に、長浜功先生(1941-)を紹介されたのだ。長浜先生は、若い頃に教育者の戦争責任論で頭角を現したが、後年、柳田国男から宮本常一石川啄木と研究対象を広げた底力のある研究者だ。長浜先生が北海道大学出身だったのを覚えていたので、三浦先生にお話しすると、ずいぶん久しぶりに名前を聞いたと驚かれた。

同じ研究室で学んでいたそうだが、三浦先生によると、長浜先生は恩師を裏切ったので許せないということだった。長浜さんは体制批判の左翼だし、三浦さんは保守派だろうから、スタンスの違いが若い二人の対立を招いたのかもしれない。

ところで、今回驚かされたことがある。三浦瑠璃という若手の人気国際政治学者がいて、テレビでよく見かけた。それが夫の会社経営での不祥事と関連があるとして、メディアから干されてしまった。その経緯なども人気学者のスキャンダルとしてよく耳に入った。

三浦清一郎先生の奥さんはアメリカ人で、夫婦関係のあれこれは講演や著書でもよくとりあげられた。その三浦夫妻の息子さんが、三浦瑠璃の夫だったことを、ネットで初めて知った。三浦先生ご自身も、かつて大学の経営に関わって不祥事に巻き込まれたと聞いている。息子さんの事では心配されたことだろう。

僕の学生時代の師匠は、1940年代初め生まれの「焼け跡世代」が多かった。岡庭昇も柄谷行人も今村先生もそうだ。長浜、三浦両氏も同世代だったと気づく。彼らも80歳を過ぎて訃報を聞くことも多くなった。三浦先生の冥福をお祈りしたい。