読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大井川通信

大井川あたりの事ども

初庚申

勤め帰り1時間ばかり並んで、猿田彦神社にお参りした。

博多の古い町並みで戸口によく見かける、小さな猿面を授かる。

さる、だから災難が去る。

博多っ子の妻には、懐かしくも頼もしい門番となるはずだ。