大井川通信

大井川あたりの事ども

書評

『52ヘルツのクジラたち』 町田そのこ 2020

地元の公立図書館に講演に来るからということで、数年前に話題になった小説を手にとることに。上手に書けていて悪い小説ではないけれど、すこしモヤモヤが残った。もともと「小説家」の講演会に行くことはほとんどないし、あまり良い思い出もない。それでど…

『写真で見る関東大震災』 小沢健志編 2003

今年は、関東大震災からちょうど100年だ。たしか、関東大震災をテーマにした文庫本をもっていたなと思い出してあちこちの書棚を探すと、ようやくこの本が出てきた。20年前のちくま文庫だから、忘れかけていても無理はない。我ながらまだまだ記憶力は大丈夫だ…

『アジアを生きる』 姜尚中 2023

まさか姜尚中の本を自分で買う羽目になるとは思わなかった。しかもアイドルの写真集なみに、上半身正面写真がでかでかと掲げられた新書を。 僕のような末端の読書好きは、どの本を買い、どの本を買わないか、ということでしか自分の意志を示すことはできない…

『サークル有害論』 荒木優太 2023

最後まで、著者の議論にピントをあわせることができず、何のためにこのような立論をしているのかよくわからないままで読み終わった。 ひょっとしたらという仮説でしかないが、著者は、サークル(小集団活動)について嫌な体験をもっていて、その有害さを理論…

『宇宙・0・無限大』 谷口義明 2023

本当に久しぶりに、理系分野の入門書を読んだ。光文社新書の一冊。 子どもの頃は、文系、理系などの垣根を感じていなかったから、ブルーバックスなど科学の入門書をよく手に取っていた。とくに「相対性理論」にはあこがれて、なんとか理解したいと思っていた…

『文庫の読書』 荒川洋治 2023

僕にとって、荒川洋治(1949-)の名前は特別だ。学生時代に、現役の若手の詩人の中で、圧倒的な言葉の力を感じさせられた存在だからだ。いろいろ読みかじってはみたが、処女詩集『娼婦論』(1971)の早熟の天才ぶりには、言葉を失うしかなかった。この原体…

『「現金給付」の経済学』 井上智洋 2021

何か月も読みかけのまま手元に置いていたが、ようやく読了。世の中が不景気で先が見えなくなると、経済の議論がさかんになる。もう30年前以上になるが、冷戦終結とバブル崩壊の時がそうだった。ちょうど公務員試験の勉強で、経済の科目を一通り勉強したばか…

『少女地獄』 夢野久作 1936

夢野久作ゆかりの土地を歩いたついでに、手持ちの角川文庫の短編集を一冊読んでみた。どれも面白い。読んで損をしたような感じがしない。ストーリーの奇抜さもあるのだろうが、それ以上に根底にある人間理解が広くて深いような気がする。このあたり、江戸川…

『民主主義とは何か』 宇野重規 2020

読書会の課題図書。民主主義という概念の歴史をわかりやすく丁寧に論じていて、一読勉強になるという感じ。しかし辛辣にいうと、一週間後に何か残っているかというと、何も残っていないという読書体験だった。 それはなぜか。この本で提出された問いと答えや…

『美と共同体と東大闘争』の続き

前回、東大全共闘の思想の空疎さについて書いた。一方、三島の言っていることは、その当否はともかく明確だ。ただ、集会の中での言葉だけに謎めいた発言もまぎれていて、そこが興味深い。 「ぼくらは戦争中に生まれた人間でね、こういうところに陛下が坐って…

『美と共同体と東大闘争』 三島由紀夫vs東大全共闘 1969

読書会の準備で手に取った角川文庫。確か何年か前にこの時のフィルムが公開されて話題になったと思う。 ざっと読んでの印象批評。とにかく東大全共闘の面々の言葉と思想のありようがひどい。当時流行していたマルクスをベースにした疑似哲学的な思想を、自分…

『平成史』 與那覇潤 2021

読書会の課題図書として読んだが、実に読みにくい本だった。なじみのある同時代の出来事や論壇が扱われているから、それらを手がかりにして思わぬ視点や見晴らしを与えてくれるだろうと期待していた。しかし読めば読むほどわからなくなる。 それは、一つには…

『ライスシャワー物語』 柴田哲孝 1998

昨年末に再刊された文庫で読む。おそらく人気ゲームのキャラとして注目を浴びたことによる再刊だろう。しかし、競馬に目覚めて4カ月目の僕には、競馬に関する様々な知識をまとめて理解するのに格好のドキュメンタリーだった。 学生時代から競馬をしているよ…

『アメリカ現代思想の教室』 岡本裕一朗 2022

とても読みやすく、かつ良い本だった。図表をつかって議論を思い切って単純化しているが、浅薄な印象を受けない。それは、著者がまとめようとする議論が、現在の喫緊の問題とつながっていて、それが不透明な未来へと直結しているからだろう。つまり、アクチ…

『生まれてこないほうが良かったのか?』 森岡正博 2020

読書会での課題図書。「反出生主義」を扱っていることで、話題となった本のようだ。 僕も『無痛文明論』や『感じない男』を面白く読んでいて、とくに前者はこれから生きていく上での参照軸になりうると思ったくらいなので、この本も楽しみにしていた。しかし…

『できるヤツは3分割で考える』 鷲田小彌太 2004

著者の鷲田小彌太(1942-)は、僕にはなつかしい書き手だ。柄谷行人や今村仁司と同世代で、マルクス研究を出発点として現代思想を幅広く吸収し、どん欲に研究や評論の幅を広げてきたという共通点がある。実際、この二人をライバル視する発言をしている。た…

『ゲンロン戦記』 東浩紀 2020

病み上がりで今年初めて読んだ本。すらすらと読めて、さわやかな読後感が残った。読んでよかったと思った。 東浩紀は、10歳年下で、そのためか著名な批評家だけれども思い入れを持ったことがない。しかし、少し遅れて『弱いつながり』(2014)や『観光客の哲…

『感染症と民衆』 奥武則 2020

副題は、明治日本のコレラ体験。コロナ禍におけるタイムリーな企画ものの新書で、ジャーナリスト出身の学者が過去の研究成果を踏まえて書き下ろしているから、バランスよく読みやすい本になっている。僕には未知で、有益が情報が数多くあった。 コレラ以前に…

『経験なき経済危機』 野口悠紀雄 2020

コロナ禍の半年間のドキュメンタリーみたいな本。雑誌の連載記事を中心にした本だから、問題の指摘のみの部分も多く、雑多な印象だ。著者が高齢で行き届いた本づくりができないということもあるかもしれない。 しかし昨年、同じ著者の『戦後経済史』を読んで…

『お役所の御法度』 宮本政於 1995

霞が関の内情暴露の書である『お役所の掟』に続くもの。前著への日本の読者のたくさんの反響を、精神分析医として分析した部分があって、そこが面白かった。 第一グループは、50歳以上の男性。1944年以前の生まれである。このグループは、日本的な集団主義へ…

『西光万吉』 師岡佑行 1992

「水平社宣言」の起草者として名高い西光万吉(1895-1970)の評伝。その後、部落解放運動を離れ、転向して国家主義者になるなどぱっとしない印象だが、本書を読むとそのイメージが間違いなのがわかる。 たしかに水平社の立ち上げと宣言の起草は立派だが、当…

『思索と体験』 西田幾多郎 1914

岩波文庫の新刊で西田幾多郎(1870-1945)の講演集が出ていたので、手に取って買おうとしたが、家に西田の読み残しの本が何冊もあることに気づいて思いとどまった。それで初期の論文集『思索と体験』の岩波文庫版を読んでみた。読み通したのは、今度が初め…

『大津絵』 クリストフ・マルケ 角川ソフィア文庫 2016

学術書や専門書の入った文庫として、昔はよく濃紺の表紙の講談社学術文庫(1976-)を買っていた。いつのまにか、後発で白い表紙のちくま学芸文庫(1992-)を買うことの方が多くなった。それがこの頃は、クリーム色の表紙の角川ソフィア文庫(1999-)を手…

『日本経済30年史』 山家悠紀夫 2019

20代の頃、東京で塾講師をしていたとき、地元の公民館で市議会議員が主宰する会合やイベントに参加する機会が何回かあった。主宰は革新系の無所属のベテラン女性議員で、当時気鋭のマルクス経済学者小倉利丸を講師に呼んだ集会などもあったと思う。 そのグル…

『イカの哲学』 中沢新一・波多野一郎 2008

気になって、時たま手にとってしまう本。中沢新一が、在野の哲学者の波多野一郎(1922-1969)が書いた小冊子「イカの哲学」(1965)にほれ込んで、その本文と、分量では何倍にもなる解説をのせて出版した本だ。 中沢が憲法9条について問題提起をしていた時…

『ウニ ハンドブック』 文一総合出版 2019

職場近くの浜辺で、宇宙人の頭蓋骨のような奇怪な生き物の殻をひろって以来、僕はすっかりウニ類の殻を集めるのに夢中になってしまった。調べると、ヒラタブンブクというウニの一種だとわかったのだ。それ以外にも、ひらべったい円盤のようなカシパンという…

『わたしの濹東綺譚』 安岡章太郎 1999

『濹東綺譚』好きだった父親の蔵書。立川駅ビルのオリオン書店の、出版年の日付のレシートがはさんである。出版を待ちかねて購入したのだろうか。 『濹東綺譚』出版前後の社会情勢や文壇の裏事情について、安岡章太郎(1920-2013)本人の体験も交えて、気ま…

『マルクス・ガブリエル 欲望の時代を哲学する』 丸山俊一 2018

NHKのプロデューサーによる人気哲学者マルクス・ガブリエル(1980-)の軽めのインタビュー集のようなもの。読書会の課題図書で読んだのだが、問われるままにあらゆることに一言もの申しているためか、話題があちこちに飛び回っていて、いったい何がいいたい…

『老いと記憶』 増本康平 2018

年齢を重ねると、確かにある時期から、記憶力の低下と呼ぶしかない事態に直面することが多くなる。著者は、認知心理学の研究に基づいて、実際に高齢者向けの講演を続けてきたというだけあって、この問題についてツボを心得た解説を行っている。専門的な議論…

『経済学の宇宙』 岩井克人 2015

野口悠紀雄の自分史を絡めた経済の本がとても面白かったものだから、似たような本を読もうと思って本棚から取り出した本。 経済学者にして思想家である岩井克人(1947-)のインタビューをもとにした本だが、相当の加筆修正とていねいな編集が施されて500頁…