大井川通信

大井川あたりの事ども

近代文学

『押絵の奇蹟』 夢野久作 1929

角川文庫で読む。久作の短編集の新刊や復刊が続々出版されており、角川文庫が夢野作品を手軽に数多く読めるシリーズになっている。 表題作のほかに、『氷の涯』(1933年)と『あやかしの太鼓』(1926年)が収録されている。『氷の涯』を筆頭に中編と呼べる分…

動坂と八幡坂

東京の田端に行った。芥川の屋敷跡は、駅のすぐ近くの住宅街にあった。こんなに近いなら大学時代にでも見ておけばよかったと思ったが、早稲田の漱石山房跡すらのぞかなかったのだから仕方がない。 芥川が歩いた道をたどるのは楽しい。田端文士村記念館でもら…

『蓼食う虫』 谷崎潤一郎 1929

読書会の課題図書だったが、風邪で参加できなかった。谷崎潤一郎を読むのは初めてだったので、なんとか最後まで読んでみた。そうかくのは、途中までかなり退屈だったからだ。後半になって、通人の義父と若い妻との淡路島の浄瑠璃見物に主人公が同行する場面…

泉鏡花を再読する

読書会の課題図書で『高野聖』が指定されたので、久しぶりに泉鏡花を読んでみる。 僕は、大学生の頃、泉鏡花が好きで図書館で全集をめくっていた時期がある。そのときは『歌行燈』を最高の小説だと(それほどたくさんの小説を読んでいないのにもかかわらず)…

『運命』 国木田独歩 1906

国木田独歩(1871-1908)の第三短編集だが、昨年に岩波文庫の新刊で出版されている。独歩の短編はどれも面白い。小説の巧みさというよりも、作品の根底にある認識の全うさ(プラス芥川の言う「柔かい心臓」)において際立っている。 『悪魔』(1903)は、田…

『蟹工船』 小林多喜二 1929

葉山嘉樹(1894-1945)の小説を読んだことをきっかけにして、プロレタリア文学つながりで、小林多喜二(1903-1933)の手元にあった文庫本を読んでみる。代表作『蟹工船』と死の前年に書いた『党生活者』が収録されている。 内容以前に小説としてしっかり作…

『葉山嘉樹短編集』 道籏泰三編 2021

北部九州出身の小説家として、人から薦められて手に取った本。葉山嘉樹(1894-1945)がプロレタリア文学の作家だという文学史の知識はあったが、読むのは初めてだった。 新しい編集の岩波文庫で、12編の短編を収録してやや厚めとはいえ、読了まで一か月以上…

『野分』 夏目漱石 1907

漱石(1867 -1916)の未読の中編を読んでみる。新潮文庫では『二百十日』といっしょに収録されている。小説としては未完成というか実験的な感じでごつごつしており、読みにくくあまり面白くはなかった。 学問の理想に生きようと既に達観している元中学教師…

『二百十日』 夏目漱石 1906

漱石の忌日だから、出勤前に文庫本の棚をのぞいて、文庫で70ページ程度の短い小説を読むことにする。今年は漱石の評論の射程の広さ、深さに驚いたこともあり、漱石の主要作品は読み通してみたいと考えていたところだった。そのきっかけにしたいと思う。 『二…

『坑夫』 夏目漱石 1908

この小説は、若いころに読んだ柄谷行人の漱石論でも評価されていたし、自分の炭坑ブームもあったから、もっと早く読んでいてもよかった気がする。そうはならなかった理由が、今回読み通してよくわかった。 さほど長くはない小説だが、とにかく読み通すのに骨…

芥川と朔太郎

今日は河童忌。ネットの青空文庫で、『湖南の扇』『たね子の憂鬱』『死後』など目につく小品を読んでみるが、どれもぱっとしない。ふと思いついて、萩原朔太郎の追悼文『芥川龍之介の死』を探して読むと、これは面白かった。 昭和2年の芥川の自死の直後に書…

独歩のナショナリズム

三島由紀夫の『憂国』を読んで奇妙な気分になった。絵に描いたような美男美女のカップルが、性愛と正義とが一致する行為として切腹と自死を選ぶ。その動機であるはずの国を憂うる気持ちも反乱将校への共感も、ほとんど具体的には描かれておらず、閉ざされた…

漱石の「地域通貨」

昔、少年向けの文学全集などに、漱石のエッセイ風の小品が入っていて、読んだ記憶がある。あと、旺文社文庫の長編の付録みたいな感じでの収録もあった。 だから、漱石の小品集の標題にはなじみがあったが、その一つである『永日小品』(1909)を読み通すのは…

『吾輩は猫である』を読み通す

読書会の課題図書。 高校三年の受験勉強の息抜きで、なぜかそれだけ手元にあったポプラ社版少年少女文学全集の『吾輩は猫である』(上巻)を繰り返し読んで、笑いのセンスを磨いた。その後何度か全編読み通そうとするも挫折。今回読了して、やはり小ネタの面…

黒島伝治のエッセイをいくつか

新編集の文庫には、エッセイもいくつか載っている。小説では技巧をみせる伝治も、ここでは素朴でぶっきらぼうだ。 「入営する青年たちは何をなすべきか」では、青年たちに、軍隊に入ることで兵器の使い方と組織的な動き方を学び、来るべきブルジョアジーとの…

『黒島伝治作品集』 岩波文庫 2021

絶版になっていた黒島伝治(1898-1943)の岩波文庫が、新しく編集されて出版された。以前にも書いたが、僕が最近になって黒島伝治のことを気にするようになったのは、代表作「渦巻ける烏の群」の題名によってだった。 ロシアが舞台の小説で、カラスの群れが…

『田園の憂鬱』 佐藤春夫 1919

読書会の課題図書。近代文学の名作としては、珍しく共感できず、良いところをみつけるのに苦労する作品だった。作者とおぼしき男(青年らしいのだが、初老くらいの雰囲気)とその愛人(これも古女房みたい)とが武蔵野のはずれの古民家で始めた生活の記録で…

『田舎教師』 田山花袋 1909

読書会の課題図書。田山花袋(1871-1930)が漱石(1867-1916)よりも若く、この作品も『三四郎』の翌年の出版なのに驚いた。何となく漱石以前というイメージがあったので。内容もみずみずしく、十分読み応えのあるものだった。モデルとその資料に助けられ…

そうだ、黒島伝治を読もう!

ミヤマガラスの話題のたびに、『渦巻ける烏の群』(1928)の名前を出しているが、実際に読んだことがない。これでは知識を振りまわしているだけで説得力に欠ける。 それで手っ取り早く「青空文庫」で黒島伝治(1898-1943)をいくつか読んでみた。旧世代の人…

『彼岸過迄』 夏目漱石 1912

読書会の課題で読む。日本文学の中で、漱石と村上春樹だけは、ちゃんと読んでおきたいとぼんやり考えていた。前者は、柄谷行人や佐藤泰正先生らの漱石論があるためだし、後者は親しい安部さんが好きだからという理由からだ。 自分の感想を作ったあとで、柄谷…

『李陵・弟子・山月記』 中島敦 1967(旺文社文庫)

1979年の第38刷。1981年2月20日の購入日の書き込みがある。大学1年、19歳の時だ。まさか40年後に手に取って読み直すなんて考えてもいなかっただろう。 以前なら、活字の大きい読みやすい紙面の文庫に買いなおして読んだだろうが、今となっては旺文社文庫は貴…

『機械』 横光利一 1930

読書会の課題で読む。僕の中では、横光利一(1898-1947)には芥川に続く知的な作家のイメージがあって、いつかしっかり読みたいと思っていた。それで、今回新潮文庫の短編集を読み通したけれど、どれも面白かった。読書会に感謝。 しかし、その中でも『機械…

『波』 山本有三 1923

三鷹の山本有三記念館にいく。太宰治が入水自殺をした玉川上水に面した道にあるが、あたりはすっかり整備された住宅街になっている。 戦前、山本有三(1887-1974)が住んでいた洋館だが、改修したばかりのようでとてもきれいだ。西洋館を見て特別に感心する…

泉鏡花の戯曲を読む

学生の頃、図書館で泉鏡花全集を借りてきて、ところどころ読みかじっていた時期があった。法律の勉強にあきて、現代思想にのめり込む前の、ごく短い期間だったと思う。よくわからない言葉も多く、描かれる風俗習慣は別世界だ。しかし、読むとその作品世界に…

『濹東奇譚』 永井荷風 1937

読書会の課題図書だが、僕には思い出深い小説。手元には父親の形見の初版本の復刻版がある。 「濹東奇譚はここに筆を擱くべきであろう。然しながら若しここに古風な小説的結末をつけようと欲するならば、半年或は一年の後、わたくしが偶然思いがけない処で、…

『弟子』 中島敦 1943

母親の法要で実家に帰省した時、亡くなった父親の書棚から借りて読んだ本。中島敦(1909-1942)の自筆原稿をそのままの大きさで復刻したもので、古い原稿用紙をそのまま読むような不思議な感覚を味わえた。父親は以前、代表作『李陵』の自筆原稿版も所有し…

『夏の花』 原民喜 1947

『夏の花』三部作といわれる「壊滅への序曲」「夏の花」「廃墟から」の三作を収録した集英社文庫で読む。 「壊滅への序曲」は、前年に妻を亡くして実家に疎開してきてから、原爆投下の直前までの様子を描く。時期的には最後に書かれたものらしく、作者をモデ…

『第七官界彷徨』 尾崎翠 1933

昨年初めて読んで、とても不思議な印象だった。その印象にひかれて、すこし丁寧に再読すると、不思議さの背後に大きな独自性と魅力がひかえているのに気づいた。 まず、その文体。「よほど遠い過去のこと、秋から冬にかけての短い期間を、私は、変な家庭の一…

『死者の書』折口信夫 1943

ある読書会で『死者の書』を読む。課題レポートを事前に提出するやり方は初めてだったが、とてもよく機能していた。読書会で起こりがちなのが、発言者と発言内容がかたよってしまうことだ。そして、悪貨は良貨を駆逐するの言葉どおり、本の内容から離れた世…