大井川通信

大井川あたりの事ども

家族

本籍を移す

社会人になって東京を離れて、もうだいぶ時間がたつ。途中3年ほど実家に戻った時期があったが、通算しても九州で過ごした期間の方が長くなってしまった。 今の家を建てて、この土地に骨を埋める覚悟ができても、あえて東京の実家から本籍を移そうとは思わな…

ネコの近況

近ごろはステロイドが切れて、早い時間にリビングで寝落ちするようになった。夜中に起きだして自室に移動し、また眠っても早朝に目を覚ますことが多い。 早くから二階でガタゴトしていると、九ちゃんがその気配を察して、いつのまにかやってくる。一晩中人恋…

別府の温泉に入る

国東訪問のついでに、別府に泊まることにした。家族の思い出つくりの意味もあるし、こういう機会でないと、旅行の機会のない次男に観光気分を味わってもらいたいためでもある。だから、ファミリー向けの一番大きくて有名なホテルを選んだ。 コロナ禍とはいえ…

国東半島をドライブする

コロナ禍で家族が感染したとき、いろいろとお世話になった妻の彫金の先生のアトリエを訪ねるために、国東半島にでかける。妻は、20年くらい先生の教室に通っていて、長男が小学生の頃は、連れて行って一緒に自動車やドラえもんを作ったりしていた。 今回は、…

ボンちゃんの誕生日

七夕は、ボンちゃん(リボンちゃん)の誕生日だ。女の子らしくていい誕生日だと思っている。 今日で、ボンちゃんも一歳になった。家族になって、ちょうど半年である。先輩猫の九太郎との関係もそれなりに落ち着いてきた。日中は、たいてい妻の机の回りに一緒…

次男の子育て(介護の仕事)

次男が特別支援学校で就職活動を始めるときに、夫婦でどんな仕事がいいかよく話し合った。結婚してから、夫婦で一番真剣に言葉を交わしたテーマだったかもしれない。 次男は融通が利かずに、ちょっと不器用なところがある反面、集中力はある。だから、副担任…

九ちゃんとボンちゃん

猫たちにとっては、唯一のご主人様である妻がいなかった18日間は、ずいぶん様子がちがっていたそうだ。それでもその間、自宅にひとり残され、親たちの容態の急変に翻弄されていた長男にとっては、猫たちの存在はずいぶんと頼もしかったらしい。 特に、九太郎…

次男の子育て(番外編)

次男自身の口にした言葉をかき取ったメモが見つかった。小学校二年生の終わりから、小学校三年生にかけての時期。 小学校に入学してもしばらくは、独り言みたいな意味の取れない言葉が大半だった次男も、このころから、ようやく意味のある言葉をしゃべるよう…

長男への手紙

阿蘇は、どうですか。 たしか、〇〇をはじめてホテルに連れて行ったのが阿蘇で、(3歳の頃)寝ぼけて、朝、ここはどこだと不思議がっていたのが、懐かしく思い出されます。 そのあとも、阿蘇は家族で、少なくとも二、三回は行っているけど覚えているかな。 …

次男の居場所

特別支援学校の高等部を卒業して老人介護施設に就職した次男は、四年目の今も、毎日仕事に励んでいる。先日スーパーのレジでバイトをしている中学校の同級生の女の子と話をした妻によると、大学4年生でコロナ禍の就職活動に苦戦しているとのこと。次男も大学…

次男と仏像

東京から来た姉を妻があちこち案内したとき、国立博物館に寄った。そこで京都のお寺の寺宝を展示した特別展をやっていて、せっかくだからざっと見ておこうと入ったそうだ。すると、意外なことに、次男が一体一体の仏像をじっくりと観て動かない。キャプショ…