大井川通信

大井川あたりの事ども

ドキュメンタリ/エッセイ

『テロルの原点』 中島岳志 2023

『朝日平吾の鬱屈』(2009)の加筆修正文庫版。 1921年(大正10年)に一代で財閥を作り上げた富豪安田善次郎を襲って自決した朝日平吾(1890-1921)の足跡と内面を追ったドキュメンタリー。朝日のテロは、原敬首相暗殺の連鎖を呼び、1930年代のテロリズムの…

『からゆきさん』 森崎和江 1976

僕のような森崎さんの初心者には、少し意外な印象の本だった。文章が読みやすくて、ストーリーを追って読みを促されるような場面では、普通のドキュメンタリーを読んでいるような感覚がある。これなら一般の読書人の心をとらえることができるだろう。 と思う…

『まっくら』 森崎和江 1961

読書会の課題図書に自分で選んだ本。「おんな坑夫からの聞き書き」の副題がある。 一昨年に岩波文庫になって手に入れた時も読みすすめることができず、昨年森崎さんの訃報を受けても手に取ることができなかった。こうなると読書会に力を借りるしかない。近ご…

ドキュメントを読む

今月の吉田さんとの読書会では、年末年始に読んだ4本のドキュメントの感想記事をもとにレジュメを作った。4本とも犯罪をめぐるドキュメントになってしまったのは僕の趣向のせいだが、教育現場を扱った『月明学校』や『山びこ学校』もドキュメントだし、『遠…

『三億円事件』 一橋文哉 1999

2002年の新潮文庫版で読む。ながらく積読だった。 僕にとって、三億円事件は特別な事件だ。小学校1年生(7歳の誕生日の直前)に隣町で発生した事件で、全国的な大ニュースになったし、その後の捜査の進展状況も話題になった。偽白バイが現金輸送車をだまして…

『愛することは待つことよ』 森崎和江 1999

新聞を読まなくなったので、森崎和江さんの6月の逝去を知ったのは、数か月あとだった。森崎さんは僕の家から数分の、同じ旧里山の上の住宅街に住んでいた。僕も引っ越してきて四半世紀になるから、それだけの期間ご近所だったということになる。妻も馬場浦池…

『カニは横に歩く』 角岡伸彦 2010

副題には「自立障害者たちの半世紀」とある。500ページのドキュメンタリーで読みごたえ充分だった。僕も個人的な理由から、自分自身の生き方を振り返らざるをえないような読書体験になった。 著者の角岡信彦氏(1963~)は僕とほぼ同世代。処女作の『被差別…

『夜と霧』 ヴィクトール・フランクル 1946

読書会の課題図書で読む。 感覚的には、本当にこんなことがあったのか、あったとしてもごく例外的な不幸だったと思いたい、というのが正直なところ。 しかし、周囲(自分の内外)を振り返ると、すさまじいばかりの自然の改変(破壊)と生物の組織的な殺戮、…

『苦海浄土』 石牟礼道子 1968(1972改稿)

読書会の課題図書で読む。いつかは読みたいと思っていたので、ありがたい機会だった。もっと告発一辺倒であったり、おどろおどろしかったりする作品だと思っていたが、想像していたより読みやすかった。聞き取りや記録など様々なタイプの文章をつないでいく…

『高熱隧道』 吉村昭 1967

読書会の課題本。吉村昭だし(といっても彼の作品をまったく読んでいないのだが)、ドキュメンタリーだし、あんまり文学的でなさそうだし、ということで全く期待してなかったのだが、どっこい、かなり面白かった。 一つには、これが黒部渓谷のトンネルの難工…

『漂流怪人・きだみのる』 嵐山光三郎 2016

嵐山光三郎は、地元国立の近所に住んでいたので、街で見かけることがあった。夜の街角で、街灯に照らされて目の前を横切った自転車に、嵐山光三郎が乗っていて驚いたことがある。当時、人気テレビ番組に出演していて、顔は広く知られていたのだ。そのころは…